学校長あいさつ

 「笑顔、力、夢を 地域とともにはぐくむ学校」

 

 本校は開校145年目を迎える歴史と伝統ある学校です。今年度94名の新1年生を迎え、全校児童540名、19学級でスタートしました。穏やかで、勤労を厭わず、基本的生活習慣を身につけている児童が多く、落ち着いた学校生活を過ごしています。学習にも真面目に取組み、基礎的・基本的な学習内容を身につけるだけでなく、これらを生かして思考力・判断力・表現力を伸ばし、意欲いっぱいで授業に臨んでいる児童もたくさんいます。昨年度までは、豊かな心をはぐくむ道徳教育の充実に努めておりました。平成31年度は、引き続き道徳教育にも力を入れながら、論理的な思考力を高める算数教育を進めてまいります。また、地域の人材を生かした体験学習、全校一斉での集会活動、異年齢集団での活動を中心とした児童会活動、朝マラソンや各種運動教室の開催など、体験的な活動や児童の主体的な活動を積極的に取り入れた教育活動の充実を図ってまいります。

 本校は、これまで、卒業生を中心とした地域の方々、学校応援団に登録していただいている方々に、環境整備や子どもたちの見守り、ゲストティーチャーなど授業支援への協力や地域行事開催など、さまざまなご支援をいただいてきました。また、歴史あるPTA組織にも同様にご支援をいただいており、年間計画に基づくPTA活動の円滑な実施とともに多くの教材も整備していただいております。

 本校は、平成29年度より3年間和光市教育委員会の指定により「地域学校運営協議会」を設置し、コミュニティスクールとしての学校運営を行っております。学校には地域でどのような子供たちを育てるのか,何を実現していくのかという目標やビジョンを地域のみなさんと共有し,地域と一体となって子供たちを育む「地域とともにある学校」としての取組を推進しております。

 平成31年度も、「笑顔、力、夢を 地域とともにはぐくむ学校」づくりを目指す学校像として、学校教育目標「考える子」「仲よくする子」「元気な子」の具現化を図ってまいります。そして、新学習指導要領の趣旨にのっとり、子どもたちが健やかに成長していかれるよう全職員の英知を結集し取組んでまいります。今年度も学校、保護者、地域が同じ目標を持ち、子ども達をよりよい成長を支えていきたいと考えます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

更新日:2019年04月16日 18:14:06